引き出物は郵送可能【身軽に二次会に参加】

心遣いへのお礼

香典返し

品物を選ぶことが大切

葬儀の際に頂いた香典に対しては、法事が落ち着き次第香典返しを贈ることが必要です。相手の方の心遣いに感謝しながら、マナーを守った贈り物ができるように知っておくべき基礎知識があります。まず香典返しを贈る時期ですが、これは四十九日の法事が終わってからになります。お返しの金額は基本的に半返しと言い、それぞれの方から頂いた香典の半分くらいの金額の贈り物を用意します。一番迷いやすいのが、香典返しとして何を贈ったら良いのかということです。まず香典は故人との関わり方や親しさによって、贈られる金額に差があります。そのため香典返しは三段階くらいで違う金額のものを用意するのが良いでしょう。基本的には消える物が良いとされており、お茶や海苔、砂糖など日常でよく使う物を選ぶことが多いです。しかし最近は実用性を考慮して、タオルや石鹸のような生活用品を贈ることもしばしばです。一番用意しやすいのがカタログギフトです。金額の差がつけやすく、先方の好きなものを選んでもらえるというのが最大の利点です。基本的に香典返しとして肉や魚を贈るのはマナー違反とされていますが、カタログギフトであれば問題ありません。そして忘れてはならないのが、香典返しには必ずお礼状をつけるということです。心遣いに感謝をし、なるべく手書きでお礼を述べられると良いですね。葬儀は悲しいものですが、それを通して人と人との繋がりがより強くなる場合もあります。マナーをよく考えて、より良い香典返しを選びましょう。

Copyright© 2018 引き出物は郵送可能【身軽に二次会に参加】 All Rights Reserved.