引き出物は郵送可能【身軽に二次会に参加】

宗教に配慮を

香典返し

選ぶときのコツ

香典返しとは、お葬式でお供えしていただいた香典に対するお返しのことです。本来は49日の忌み明けのときにお渡しするか、郵送するのがマナーです。ですが冠婚葬祭の簡素化に伴い、お葬式のときに香典返しも渡してしまうケースが非常に増えています。香典返しは香典の半額程度を目安に用意します。香典の金額はたいてい一律なので、あらかじめ用意しておく場合でもそこまで問題になることはありませんが、もし高い香典をもらった場合は後日不足分を郵送するようにします。香典返しの品物は、不祝儀のもののため、すぐに使って消えてしまう消え物を選ぶのが基本です。食べ物や飲み物、消費サイクルが早い日用品などが該当します。ただ、こうしたものであってもマナー違反になるものもあります。生臭物と呼ばれる肉や魚、「よろこんぶ」という語呂合わせから慶事を連想させる昆布、同じく慶事のイメージが強いお酒類、金額がわかりやすすぎる金券類などがそうです。こうしたものは避けるようにしましょう。肉や魚、酒類、昆布などがのったカタログギフトはマナー違反とはいえないので、こうしたものを贈りたいのならばカタログギフトを選ぶのもポイントです。カタログギフトは不祝儀専用のものが販売されているので、そちらを選ぶようにしましょう。間違っても慶事用のものを選ばないように注意してください。迷ったら葬儀会社の人や親族に相談して決めるとよいでしょう。地域でのマナーや風習などもありえます。

Copyright© 2018 引き出物は郵送可能【身軽に二次会に参加】 All Rights Reserved.