引き出物は郵送可能【身軽に二次会に参加】

香典返し

心遣いへのお礼

香典返しは四十九日の法事が終わった後、頂いた香典の半額程度の物を贈るのが一般的とされています。海苔やお茶などの食品からタオルや石鹸のような生活用品、カタログギフトとさまざまな種類があります。きちんとお礼状をつけてお贈りすることを覚えておきましょう。

詳しく見る

参列者に喜ばれるサービス

贈り物

内容はチェックして

近年の結婚式は、より参列者に喜んでもらえるように工夫しようとする傾向があります。引き出物を郵送するサービスもその一つです。結婚式といえば重たい引き出物がセットというイメージがありましたが、昨今ではあまり重いものやかさばるものは喜ばれないこともあります。遠方からくる参列者が多い場合や、その後に二次会などがある場合はなおさらです。そのため、荷物がコンパクトですむカタログギフトなどが人気となってきていたのですが、より負担を減らす方法として郵送がチョイスされるようになったのです。引き出物を郵送してくれるのならば、当日持ち帰るものは大幅に少なくなります。着替えなどを持ってきた参列者にも優しいですし、二次会にいく人も身軽です。参列者にとって非常に嬉しいサービスといえるでしょう。ただ、引き出物を郵送したいときはいくつか注意があります。まず届ける日などを参列者に聞いたり手配したりという手間があること、会場によってはそうしたサービスを行っていないことがあることなどです。別々の会社からそれぞれ引き出物、引き菓子、縁起物を贈ったりすると、逆に受け取る手間が煩雑になることもあります。本当にそのサービスが参列者にとって便利なのかは考えるべきでしょう。ネットからすべて代行してくれるところもありますが、そうなると引き菓子や縁起物などは妥協せざるを得ないことも多いものです。内容についてはきちんと確認しておくべきでしょう。

女性

塩分や糖質を抑えた食品

離れて生活をしている祖父母に、日頃の感謝の気持ちを伝えるために敬老の日のギフトを贈りたい人が増加しています。現代は高齢になっても若々しい人が増えているので、ファッション小物や衣類、スポーツ用品などもお勧めです。

詳しく見る

女性

結婚式の帰り途

結婚式に参列するとご祝儀のお返しとして引き出物をいただきます。引き出物は焼き菓子やお皿などが入っており、重くてかさばり、帰り道が大変になってしまいます。そんなとき引き出物を郵送するサービスがとても喜ばれています。

詳しく見る

香典返し

宗教に配慮を

香典返しはお供えしていただいた香典へのお返しのことです。本来は49日の忌み明けのときに渡しますが、現在はお葬式の後にお渡しすることも増えています。金額は香典の半額程度、品物は消え物が基本です。生臭物や昆布、お酒類、金券類などはふさわしくないとされています。

詳しく見る

ギフト

相手の好みを知る

敬老の日のプレゼントはどんな物でも構いません。感謝の気持ちが伝わればいいのです。できれば、相手の好みを調べて贈るようにしましょう。ギフトショップサイトで敬老の日にふさわしい物を調べてみるのもいいかもしれません。

詳しく見る

Copyright© 2018 引き出物は郵送可能【身軽に二次会に参加】 All Rights Reserved.